==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


医師・看護系 /  医療事務系 /  歯科系 /  診断・検査系 /  リハビリ系 /  カウンセラー系 /  薬・栄養系 /  マッサージ系 / 

看護師 認定看護師になるには

看護師 認定看護師

認定看護師とは、日本看護協会が1996年にスタートさせた認定看護師制度で、特定の看護分野(全部で17種類ー救急看護・皮膚、排泄ケア・集中ケア・緩和ケア・がん化学療法看護・がん性疼痛看護・訪問看護・感染管理・糖尿病看護・不妊症看護、・新生児集中ケア・透析看護・手術看護 ・乳がん看護・摂食、嚥下障害看護・小児救急看護・認知症看護)において、熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践の出来る者をいいます。
保険師・助産士・看護師の資格の所有者で、実務経験5年以上(そのうち通算3年以上は認定看護分野での経験が必要)であれば、認定看護師教育課程を受講するための入学選抜試験を受けることができます。
その為に、働いている場合は研修を受ける事が出来ませんので勤務先の病院を一旦休職、あるいは退職する必要がでてきます。
病院側が認定看護師を必要としている病院では、認定看護師の取得を推薦したり積極的な病院も多くなっていますので、相談してみるほうが良いでしょう。
専門看護師と同様に1回合格すれば、認定看護師であり続けるということはできません。
認定資格後、5年ごとに更新、その時に過去5年間に細則に定める看護実践(看護実践時間が200時間以上)や、自己研鑚の実績(規定の内容で50点以上に達していること)があることが条件です。
こうした更新制を義務付けることで、看護師の質の向上を図ることが狙いです。
posted by medical at 19:22 | TrackBack(0) | 医師・看護系

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。