==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


医師・看護系 /  医療事務系 /  歯科系 /  診断・検査系 /  リハビリ系 /  カウンセラー系 /  薬・栄養系 /  マッサージ系 / 

看護師 専門看護師認定資格とは

看護師 専門看護師認定資格

専門看護師認定資格という資格認定制度が発足し、1996年(平成8年)に初の専門看護師が産声をあげました。
ついで翌年の1997年には認定看護師、2年後には認定看護管理者が誕生しました。
この背景には、医療の専門分化や高度化に対応できるような高度で多様な看護技術や知識が求められるようになり、医療の現場において看護ケアの質的向上を目的として、(社)日本看護協会によってこの資格認定制度ができました。
つまり、看護の現場におけるスペシャリストといった位置づけになるかと思います。
まして病で病床に伏している人やその家族の悩みや心労は想像を絶するものがあるのではないでしょうか。
そういった人々に対して適切なアドバイスや看護を提供していこうというのが専門看護師の重要な役割です。
専門的な水準の高い医療教育を受けるのはもちろんの事、患者に対して相談に乗るといったことも含まれています。
専門看護師になるためには、保健師、助産師、看護師のいずれかの日本国の免許を保有している必要があります。
所定の単位をとっている看護系大学大学院修士課程修了者、外国において同等の教育を受けたと認められる者とあります。
その他には、専門看護師として実務経験が必要です。
先ほど挙げた、保健師、助産師、看護師の実務経験が5年以上で、特定分野の経験が3年以上となっていて、さらに、専門看護師の所定の教育を終えた後、1年以上の実務経験が必要です。
現在では、救急看護・訪問看護・小児救急看護・がん化学療法看護・乳がん看護などの他に、19の分野を日本看護協会が特定しています。
posted by medical at 19:24 | TrackBack(0) | 医師・看護系

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。