==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


医師・看護系 /  医療事務系 /  歯科系 /  診断・検査系 /  リハビリ系 /  カウンセラー系 /  薬・栄養系 /  マッサージ系 / 

医療保険士(民間資格)

医療保険士民間資格

■概要
病院等の会計事務や、保険診療の明細書を作成する専門家です。

医療保険学院の通信講座を受講し終了検定試験に合格した者に与えられる称号が医療保険士です。

医療保険士とは、病院などで保険診療請求書の作成や会計事務を行うための専門知識や技能を認定する資格。

この資格に関して教育、資格認定を行っているのは医療保険学院。

医療保険士を取得するには、医療保険学院の通信部(標準4カ月)で学び、受講修了後、試験に合格する必要がある。

通信部では、医療保険制度、基本診療、投薬、注射、処置、各種療法、手術、検査、画像診断、入院など医療保険事務に関して幅広く学べる。


■受講資格
特になし。

■取得方法
通信講座(標準受講期間4ヶ月)を受講し、中間テストにすべて合格すると修了検定試験を受験できる。修了検定試験に合格すると医療保険士となる。

■問合せ先
医療保険学院
〒113-0034
東京都文京区湯島3-26-7
トキモ湯島ビル 4F
TEL:03-3832-6214
URL:http://www.mic-kk.co.jp

posted by medical at 12:22 | TrackBack(0) | 医療事務系

調剤報酬請求事務専門士(民間資格)

調剤報酬請求事務専門士民間資格

■概要
薬剤師を強力にバックアップできる、優秀な「調剤報酬請求事務専門士」育成を目的としています。

調剤事務において、公式に履歴書等に記載できる唯一の民間資格です。

調剤薬局への就職に有利です。3、2、1級の3段階があります。

調剤報酬請求事務士とは、調剤薬局にて薬剤の基本的な知識を活かし、薬剤師のアシスタントとして働く専門家を認定する資格。

主催団体は調剤報酬請求事務専門士検定協会

1〜3級がある。

調剤報酬請求事務士の試験は学科と実技で構成されている。

学科試験は各級とも、接遇マナー、薬剤の基礎知識、医薬品関連法規、医療保険制度、調剤報酬請求に関する知識を問う内容。

実技試験は症例をもとにしたレセプト作成。

■受験資格
特になし

■試験内容
1級
学科50問と実技(処方せん3枚の設問箇所点数を求める・処方せん1枚調剤報酬明細書作成)

2級
学科50問と実技(レセプト明細書作成など)

3級
学科30問と実技(レセプト明細書作成など)

■試験日
7月、12月の第1土曜日の年2回。

■試験会場
北海道、東北、上越、北陸、北関東、南関東、中部、阪神、中国、九州地区の各9地域に設ける予定


■問合せ先
調剤報酬請求事務専門士検定協会統括部事務局検定係
〒171-0014
東京都豊島区池袋2-24-6
林ビル 2F
TEL:03-3981-0983
URL:http://www.chouzai.info


posted by medical at 12:20 | TrackBack(0) | 医療事務系
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。